ホーム クリニックのご紹介 診療科のご案内 交通案内 受付時の注意事項

診療科のご案内

心療内科 漢方内科 内科 婦人科

『心療内科・精神科』への受診について

当クリニックの心療内科では、患者さまが困っていらっしゃる様々な症状に対して、まずは何よりもできるだけ親身になって耳を傾けさせていただくことを心がけています。

それによって患者さまの症状に関する全体像を把握し、考えうる治療の方法について分かりやすくご説明させていただいたうえで、患者さまのご希望もお聴きしながらお話し合いを通じて治療方針を決定し、できうる限り症状の改善を図っていきたいと考えております。

心療内科的な症状というのは一般的に、検査などの数値を使ってその推移を見ていくことが困難なものですから、診療を受けていただく際に一番大切なのは患者さまと医師とのコミュニケーションの質ということになります。


私、有馬は臨床心理士の資格を取得してカウンセリングルームを開いていた時期もございますので、当クリニックでは保険診療を行っている関係上限られた診察時間ではございますが、皆さまに少しでも満足していただける診察を行っていけるよう、努めてまいります。

心療内科を受診していただく際の症状としましては、

・何となく不安な感じが続いている。

・必要以上にドキドキしたり、緊張してしまうことが多い。

・イライラしやすい。

・気分的に落ち込みやすい。

・やる気が出ない、集中力が続かなくなった。

・気持ちの浮き沈みが激しい。

・自分の感情が不安定な感じがする。

・なかなか寝つけない。

・眠っても、途中で目が覚めてしまって眠れなくなる。

・特定の状況下で、ドキドキしたり、息苦しさや冷や汗、めまいといった症状が出やすい。(例としては、電車やバスに乗る際、運転をする時、美容室や歯医者さんに通う時、学校行事などの際に)

といったものが挙げられますが、そのほかの症状についてもご心配がある場合には、ぜひ一度受診のうえご相談いただければと思います。

今は何らかの症状があって困っていらっしゃる方でも、将来的にはその症状が軽くなることで、当クリニックの名前にもありますように“そよかぜ”のように軽やかになって、毎日の生活をいきいきと有意義なものにして過ごしていただきたいと、いつも心より願っております。

担当医

院長  有馬 潤一


略歴

・九州大学医学部 卒業

・九州大学医学部大学院 卒業 (医学博士、脳生理学)

・大牟田共立病院

・横浜総合病院

・港北もえぎ心療内科(非常勤)

・有馬潤一カウンセリングルーム

・新緑ホームケアクリニック(訪問診療)、新緑ホームケアクリニック藤が丘

・つばきクリニック(訪問診療)

『漢方内科』への受診について

西洋医学と東洋医学はそれぞれ個別に発展してきました。

その為、それぞれの特性・利点があります。急性期の救命に優れ、公衆衛生の観点が発達していた西洋医学の利点から、明治以降東洋医学は重きを置かれなくなっていました。

一方、東洋医学は個人の体質を見て行きます。複雑な人間関係による機能失調や、飽食による問題など、昔の高貴な方々を治療していた治療法は現代の人々の症状にも適応を見出します。

東洋医学の得意とするのは、免疫力を高め、健康を維持する力を助け、より病気にかかりにくい身体にしていくことが出来るところです。

東洋医学の治療は病気が出来上がる前に治療するのを理想としています。軽い徴候の内に未然に防ぐ為にも、大した事は無いと思う症状でも御相談いただきたいと思います。

また、西洋医学とは違う面から光を照らし、身体の弱点を補っていく事により症状の改善を期待出来るので、慢性病で付き合っていくしかないとあきらめている症状なども、より生活の質をあげるためのお手伝いが出来るのではと考えています。

診療の際に心がけていること

症状は、人それぞれの身体の不均衡と、外からの影響によりあらわれます。
まずは体質と外的要因をしっかり診断すること。
そして背景としての体質の均衡をとり、外的な要因に柔軟に対応できるようなお手伝いが出来ればと考えています。

対象疾患

・下痢 ・便秘 ・過敏性腸症候群 ・偏頭痛 ・高血圧 ・糖尿病
・アレルギー疾患 ・花粉症 ・甲状腺疾患 ・膠原病

漢方が有効な女性疾患例

・月経前症候群(PMS) ・月経困難症 ・更年期障害 ・冷え症

受診受付年齢

基本的には15歳以上が対象です。漢方内科に関しては15歳以下でも受診いただける事があります。まずはお気軽にご相談ください。

担当医

内科・漢方内科医  芹澤 敬子


略歴

・富山医科薬科大学医学部医学科卒業

・静岡医療センター内科

・東邦大学 東洋医学科

『内科』への受診について

当院の内科では、高血圧症、糖尿病、高脂血症(高コレステロール血症を含む)、高尿酸血症などで、治療の継続や定期的な血液検査を必要とする方々の受け入れを行っております。

また風邪症状のある方、膀胱炎のような症状のある方、花粉症などのアレルギー症状がある方などについても、内科的に診療いたしております。

なお当院では、血液検査、心電図検査、胸部レントゲン検査などが可能ですが、現時点では胃や大腸の内視鏡検査を含む消化器系の検査は行っておりませんので、ご了承ください。

健康診断(事業所健診など)のご案内

「事業所健診」とは、労働者の健康を守るために事業主に義務づけられている健康診断のことで、当院では労働安全衛生法に基づく定期健診・雇い入れ時健診などを実施しております。健康診断を希望される事業所の方は、是非お問い合わせください。

※当院では横浜市の検診は行っておりませんので、ご注意ください。
(横浜市の検診が可能になった場合には、ホームページ上で改めてお知らせいたします。)

予防接種について

・予防接種は、自費での接種のみ可能です。
予防接種につきましては、インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン、麻疹・風疹ワクチンなどが可能です。ただし現時点では、当院での予防接種は公費助成の対象とはならず、自費での接種のみ可能ですので、希望される方はあらかじめ電話でお問い合わせのうえ、ご予約ください。

担当医

院長  有馬 潤一


略歴

・九州大学医学部 卒業

・九州大学医学部大学院 卒業 (医学博士、脳生理学)

・大牟田共立病院

・横浜総合病院

・港北もえぎ心療内科(非常勤)

・有馬潤一カウンセリングルーム

・新緑ホームケアクリニック(訪問診療)、新緑ホームケアクリニック藤が丘

・つばきクリニック(訪問診療)

担当医

内科・漢方内科医  芹澤 敬子


略歴

・富山医科薬科大学医学部医学科卒業

・静岡医療センター内科

・東邦大学 東洋医学科

『婦人科』への受診について

婦人科一般診療を担当しています。主に

・月経に関する異常
月経痛、月経量が多い、不規則、ダラダラ続く、月経前に過度にイライラする、
不正出血

・外陰部のかゆみ、帯下(おりもの)に関するご心配

・下腹部痛、 などの下腹部の症状

・頻尿、残尿感、尿漏れ、子宮下垂感など

・更年期障害の症状(のぼせやイライラなど)

その他 婦人科に関するご質問、ご相談など


また、子宮がん検診、子宮筋腫や子宮内膜症の検診や治療、性行為感染症の心配、ホルモン治療、避妊したい、などのご要望があればご相談ください。
横浜市の子宮がん検診実施医療機関です。

診察の際に心がけていること

婦人科診療では、なるべく負担にならない診察とわかりやすい説明を心がけていますが、婦人科診療をしていると、婦人科的疾患の背景に、精神的なストレスや心療内科的な病気が関わっていると思われることが多々あります。代表的なのはストレスによる様々な月経の異常や拒食症の場合の無月経などですが、月経前症候群や更年期障害なども精神的なストレスと大きな関わりがあります。また、一方で月経困難症や更年期障害などの婦人科的疾患に漢方薬が有効です。当院では心療内科の有馬院長や漢方内科の芹澤医師と協力して、様々な角度からより良い治療法を提案できたらと思っております。

担当医

婦人科医  小林 誠


略歴

・岩手医科大学医学部 卒業

・産婦人科専門医


TOP